UbuntuでのTaskselの使い方

2月 10, 2022
admin

TaskselはDebian/Ubuntuのツールで、複数の関連パッケージを協調した「タスク」としてサーバーにインストールすることができます。 たとえば、LAMPスタックの各部分を段階的にインストールする代わりに、TASKSELにLAMPスタックのすべての部分を単一のキーストロークでインストールさせることがで前提条件:

•Ubuntu Server

Taskselのインストール

Taskselをインストールするには、サーバーから次のコマンドを実行します:

# sudo apt-get install tasksel

Taskselの実行

Taskselがインストールされたら、次のコマンドでTaskselを実行します:

# sudo tasksel

ソフトウェアのインストール

Taskselを開始すると、サーバーにインストールするタスクのリストを含むGUIベースのインターフェイスが表示されます。 矢印キーを使用してカーソルを移動し、スペースバーを使用して、インストールするタスクの横にあるボックスをチェックします。 ソフトウェアを選択したら、ENTERキーを押します。

ソフトウェアがインストールされると、プログレスバーが表示されます。 Taskselがコマンドプロンプトに戻ったら、ソフトウェアをインストールする必要があります。

Taskselオプション

tasksel経由で利用可能なパッケージの詳細については、次のコマンドを実行できます:

# sudo tasksel --list-tasks

Taskselとその機能の詳細については、サービスの”man”ページを参照してください:

# sudo man tasksel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。