Turbotaxエラーを解決する65535

2月 19, 2022
admin

米国で最も売れている税務準備ソフトウェアの1つであるTurboTaxは、州税と連邦税を それは継続的に毎年素晴らしいアップデートやバグ修正で進化しています。 ただし、TurboTaxエラー65535が発生した場合にインスタンスが発生し、ソフトウェアの機能にアクセスすることが制限されます。 このエラーの発生の理由は多くの可能性がありますが、あなたはそれを取り除くとあなたの家の快適さからあなたの税金を提出し続けるためにい このTurboTaxエラーコード65535が発生する理由と、すぐにそれらを修正する方法を探るために読んでください。

TurboTaxエラー65535とは何ですか?

TurboTaxエラーコード65535は、TurboTaxソフトウェアのインストールが不完全またはダウンロードが破損した結果です。 それは通常、最近のソフトウェアの変更に起因するWindows OSのレジストリの破損の問題が原因で発生します。 もう一つの理由は、コンピュータシステム上のウイルスやマルウェアの存在である可能性があります。 エラー65535TurboTaxが発生すると、TurboTaxの機能のいずれかにアクセスできなくなります。 また、あなたは、システムの断続的かつ予期しないシャットダウンと一緒に、システムのパフォーマンスの急激な低下に気づくことがあります。 したがって、一言で言えば、TurboTaxエラーコード65535の発生については、次の要因を考慮することができます:

  • システム内の破損したソフトウェアのインストール
  • 破損したWindowsレジストリ
  • TurboTaxの不完全または破損したインストール
  • システム上のウイルスやマルウェアの存在
  • 感染したファイルのためにソフトウェアまたはOS全体が破損している

修正に向けた最初の手のアプローチturbotaxエラー65535

turbotaxをインストールまたは更新するプロセスを実行する前に、エラーメッセージ65535を閉じてから、インストーラを再度実行してみてください。 これが機能しない場合は、コンピュータを再起動し、インストールウィザードを再度実行します。

また、TurboTaxをインストールする前に、ウイルス対策プログラムとファイアウォールを無効にします。 また、TurboTaxインストールファイルを管理者権限で実行することもお勧めします。 ファイルを右クリックし、「管理者として実行」オプションを選択することで実行できます。Windows OSでTurboTaxエラー65535を解決するにはどうすればよいですか?

TurboTaxエラーコード65535を解決するために技術的な専門知識は必要ありません。 ただし、トラブルシューティングの手順に従っている間は非常に注意する必要があります。 65535TurboTaxerrorのトラブルシューティングのプロセスは、Windows7,8,10およびXPまたはVista OSで異なります。 だから、それは心に留めておくべき別のポイントです。 Windows XPおよびWindows VistaでのTurboTaxエラー65535の解決

  • Windows XPデスクトップコンピュータまたはラップトップにログオンしていることを確認します。
  • また、管理者権限でPCにログインする必要があります。
  • オンラインバックアップ機能が処理中の場合は、さらに移動する前に無効にしてください。
  • お使いのコンピュータシステム上のすべてのファイアウォールとウイルス対策プログラムを無効にします。
  • 次に、TurboTaxソフトウェアをインストール、再インストール、または更新します。
  • 完了したら、ファイアウォール、ウイルス対策プログラム、またはオンラインバックアップをオンにします。
  • コンピュータシステムを再起動し、エラー65535TurboTaxが解決されているかどうかを確認します。

WindowsでのTurboTaxエラー65535の解決7

  • Windows7デバイスで、管理者として、または管理者権限でログインします。
  • データのオンラインバックアップを取るとともに、すべてのセキュリティ機能を無効にします。
  • TurboTaxのセットアップファイルを開き、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールしてみてください。
  • 破損したファイルとWindowsレジストリをすべてシステムから削除します。

WindowsでのTurboTaxエラー65535の解決8

  • Ctrl+Shift+Escボタンを一緒に押して、タスクマネージャを開きます。
  • ページの下部にある”詳細”オプションをクリックします。
  • “サービス”タブをクリックします。
  • misserverの状態が実行中であることがわかった場合は、Windows8が別のプログラムまたはファイルをインストールするまで待ちます。
  • インストールが完了したら、システムにTurboTaxを再インストールまたはインストールします。

TurboTaxエラーコード65535を修正するためのいくつかの追加技術

Windowsタスクマネージャを使用

TurboTaxのエラー65535を解決するための効果的な解決策の一つは、Windowsタスクマ これは、TurboTaxソフトウェアの不安定性の主な理由である特定のサービスを見つけるのに役立ちます。 タスクマネージャーを使用して問題を解決するには、以下の手順に従います:

  1. Ctrl+Shift+Escキーを一緒に押して、タスクマネージャを開きます。
  2. タスクマネージャを展開するには、”詳細”オプションをクリックします。
  3. タスクマネージャの”プロセス”タブで、MSIexecを検索します。リストからのexeエントリ。
  4. MSIexecを右クリックします。exeを実行し、コンテキストメニューから[タスクの終了]オプションを選択します。
  5. すべてのmsiexecを検索します。プロセスタブからexeを実行し、タスクの終了オプションをクリックします。
  6. さて、CdまたはPCにあるインストールファイルからTurboTaxをインストールしてみてください。

手動で更新プログラムをインストールする

インストールされていないTurboTaxアップデートの問題に直面しており、65535TurboTaxエラーまたはTurboTaxエラー70001が継続的に発生している場合は、手動で更新プログラムをインストールしてみてください。 あなたがする必要があるのは、TurboTaxの公式サイトからツールに必要なファイルをダウンロードすることだけです。

  1. アップデートをダウンロードするために必要なwebブラウザとは別に、TurboTaxおよびその他の実行中のプログラムを閉じます。
  2. 正しい年を確認しながら手動更新ファイルをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたファイルをコンピュータに保存します。
  4. ファイルをダブルクリックしてTurboTaxの更新を開始します。
  5. 画面の指示に従ってアップデートを続行します。

ウイルス対策を無効にする

ウイルス対策プログラムがTurboTaxソフトウェアを適切にインストールできないように制限した場合、65535エラーが発生します。 そのため、ソフトウェアプログラムのインストールを開始する前に、ウイルス対策を無効にすることをお勧めします。

TurboTaxはあなたの州と連邦税をオンラインで提出する絶好の機会を与えてくれますが、TurboTaxエラー65535のような問題は、システムのパフォーマンスを低下させ、ソフ ここに正確な方法を記載されている様々なトラブルシューティング方法に従ってくださいし、あなたの家の快適さからあなたの税金を提出すると手間のかからない経験を確保します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。