TUNE2FSのマンページ

2月 19, 2022
admin

この文書はman2htmlによってマニュアルページを使用して作成されました。
Section:Maintenance Commands(8)
Updated:March2002
IndexReturn to NetAdminTools

NAME

tune2fs-second extended filesystem

SYNOPSIS

tune2fsfeature]device

DESCRIPTION

Tune2fs Linux second extended filesystem上のチューニング可能なファイルシステムパラメータを調整します。

OPTIONS

-c max-mount-counts二つのファイルシステムチェックの間の最大マウント数を調整します。 Max-mount-countsが0の場合、ファイルシステムがマウントされた回数は無視されますbye2fsck(8)とカーネル。

ファイルシステムがforciblycheckedされるマウント数をずらすと、ジャーナリングされたファイルシステムを使用しているときに、すべてのファイルシステムが一度にチェックされることが回避されます。

disablingmount-count-dependentチェックの結果を完全に考慮する必要があります。 不良ディスクドライブ、ケーブル、メモリ、カーネルのバグは、ファイルシステムをダーティまたはエラーでマークすることなく、すべてのファイルシステムを破損させる可能性があります。 ファイルシステムでjournalingを使用している場合、ファイルシステムはdirtyとマークされますので、通常はチェックされません。 カーネルによって検出されたAfilesystemエラーは、次の再起動時にfsckを強制しますが、その時点でデータ損失を防ぐにはすでに遅すぎる可能性があります。

時間依存のチェックについては-iオプションも参照してください。

-C mount-countファイルシステムがマウントされた回数を設定する。次の再起動時にファイルシステムにfsckを強制するために-cと組み合わせて使用できます。 -e error-behaviorエラーが検出されたときのカーネルコードの動作を変更します。いずれの場合も、ファイルシステムエラーが発生すると、ee2fsck(8)は次の起動時にファイルシステムをチェックします。error-behaviorcanは次のいずれかです。continue通常の実行を続行します。 remount-roファイルシステムを読み取り専用に再マウントする。 panicカーネルパニックを引き起こす。 -fエラーが発生した場合でも、tune2fs操作を強制的に完了させます。 このオプションは、外部ジャーナルを持っている(または外部ジャーナルを持っているように見えるように破損している)ファイルシステムからhas_journalfilesystem機能を削除するときに便利ですが、その外部ジャーナルは利用できません。

:外部ジャーナルを最初に再生せずにクリーンにマウント解除されなかったファイルシステムから外部ジャーナルを削除すると、データの損失やファイルシス

-g group予約されたファイルシステムブロックを使用できるグループを設定します。Groupparameterには、数値のgidまたはグループ名を指定できます。 グループ名が指定された場合は、スーパーブロックに格納される前に数値gidに変換されます。 -i interval-between-checks二つのファイルシステムのチェックの間の最大時間を調整します。 日、最小月、および最小週の後置または結果はありません。 値を0にすると、時間依存のチェックが無効になります。

ファイルシステムの定期的なfull2fsck(8)チェックを強制するには、-c(mount-count-dependent)または-i(time-dependent)チェックのいずれかを有効にすることを強くお勧めします。 これを行わないと、ディスク、ケーブル、メモリ、またはカーネルのバグが原因でfilesystemcorruptionが発生し、データの損失または破損が発生するまでgounnoticedになる可能性があります。

-jファイルシステムにext3ジャーナルを追加する。 -Joptionが指定されていない場合、デフォルトのジャーナルパラメータは、ファイルシステム内に格納されている適切なサイズのジャーナルを作成するために使 実際にジャーナルを利用するには、ext3をサポートしているカーネルを使用している必要があることに注意してください。 -J journal-optionsは、デフォルトのext3ジャーナルパラメータを上書きします。 ジャーナルオプションはコンマ区切りであり、等号(‘=’)記号を使用して引数を取ることができます。次のジャーナルオプションがサポートされています。size=journal-size sizejournal-sizemegabytesのファイルシステムに格納されたジャーナルを作成します。 ジャーナルのサイズは、少なくとも1024個のファイルシステムブロックでなければなりません(つまり、1kブロックを使用する場合は1MB、4kブロックを使用する場合は4MBなど)。102,400以下のファイルシステムブロックを指定することができます。ファイルシステムには、そのサイズのジャーナルを作成するのに十分な空き領域が必要です。 device=external-journalファイルシステムをonexternal-journalにあるジャーナル-ブロック-デバイスに接続します。外部ジャーナルは、mke2fs-O journal_dev external-journalコマンドを使用して既に作成されている必要があります。external-journalmは、それを使用するファイルシステムと同じブロッ デバイス名を直接指定する代わりに、external-journalcanは、ジャーナルの先頭にあるボリュームラベルまたはext2スーパーブロックに格納されているUUIDstoredのいずれかによって、外部ジャーナルを検索するために、label=labelorUUID=Uuidのいずれかで指定することもできます。 ジャーナルデバイスのボリュームラベルとUUIDを表示するためにdumpe2fs(8)を使用します。 Tune2fs(8)の-Loptionも参照してください。 ファイルシステムに対して指定できるのは、sizeまたはdeviceoptionsのいずれかだけです。 -lファイルシステムスーパーブロックの内容を一覧表示する。 -L volume-labelファイルシステムのボリュームラベルを設定します。 Ext2ファイルシステムのラベルの長さは最大で16文字です; volume-labelが16文字より長い場合、tune2fswillはそれを切り捨てて警告を出力します。 ボリュームラベルは、/dev/hda5のようなブロック特殊なデバイス名の代わりにlabel=volume_labelinsteadを指定することによって、ymount(8)、fsck(8)、および/etc/fstab(5)(および場合によっては他の -m reserved-blocks-percentage予約されたファイルシステムブロックの割合を設定します。 -M last-mounted-directoryファイルシステムの最後にマウントされたディレクトリを設定します。 -O機能ファイルシステム内の指定されたファイルシステム機能(オプション)を設定またはクリアします。複数のファイルシステム機能は、機能をカンマで区切ることによってクリアまたは設定できます。 前にキャレット文字(‘^’)が付いたファイルシステム機能は、ファイルシステムのスーパーブロック内でクリアされ、前に文字が付いていないか、プラス文字(‘+’)が付いていないファイルシステム機能がファイルシステムに追加されます。 次のファイルシステム機能は、tune2fsを使用して設定またはクリアできます。sparse_superバックアップスーパーブロックの数を制限して、大規模なファイルシステ filetypeディレクトリエントリにファイルの種類の情報を格納します。 has_journal ext3ジャーナルを作成します(-joptionを使用しているかのように)。 Sparse_superand filetypeファイルシステムの機能を設定またはクリアした後、e2fsck(8)をファイルシステム上で実行して、ファイルシステムを一貫した状態に戻す必要があります。Tune2fswill必要に応じて、システム管理者rune2fsck(8)に要求するメッセージを出力します。 警告:2.0.39より前のLinuxカーネルと多くの2.1シリーズカーネルは、これらの機能のいずれかを使用するファイルシステムをサポートしていません。特定のファイルシステム機能を有効にすると、それらの機能をサポートしていないカーネルによってファイルシ -r reserved-blocks-count予約されたファイルシステムブロックの数を設定します。 -sスパーススーパーフィーチャをオフまたはオンにします。 この機能をオンにすると、本当に大きなファイルシステム上のスペースを節約します。 これは、-O sparse_superoptionを使用するのと同じです。 警告:2.0.39より前のLinuxカーネルでは、この機能はサポートされていません。 どちらもLinux2.1カーネルをdoall;あなたが何をしているかを知らない限り、これを使用しないでください! Validfilesystemを使用するには、この機能を変更した後、ファイルシステム上でrune2fsck(8)を実行する必要があります。 -T time-last-checkedファイルシステムがe2fsckを使用して最後にチェックされた時刻を設定します。これは、論理ボリュームマネージャを使用してファイルシステムの一貫性のあるスナップショットを作成し、ハードウェアの問題などのために破損していないことを確認するために、オフ時間中にファイルシステムをチェックするスクリプトで便利です。 ファイルシステムがクリーンであった場合、このオプションを使用して元のファイルシステムの最後のチェック時間を設定できます。 Time-last-checkedの形式は国際的な日付形式で、オプションの時間指定子、つまりYYYYMMDDSS]を使用します。 キーワードnowisも受け入れられ、その場合、最後にチェックされた時刻は現在の時刻に設定されます。 -u user予約されたファイルシステムブロックを使用できるユーザーを設定します。usercanは数値のuidまたはユーザー名にすることができます。 ユーザー名が指定された場合は、スーパーブロックに格納される前に数値のuidに変換されます。 -U UUIDファイルシステムtoUUIDの普遍的に一意な識別子(UUID)を設定します。UUIDの形式は、”c1b9d5a2-f162-11cf-9ece-0020afc76f16″のように、ハイフンで区切られた一連の16進数です。 UUIDparameterは、次のいずれかにすることもできます: uuidは、/dev/hda1のようなブロック特殊なデバイス名の代わりにinuuid=uuidinsteadを指定することにより、mount(8)、fsck(8)、および/etc/fstab(5)(および場合によっては他のもの)で使用できます。 詳細については(8)を参照してください。システムが/dev/randomor/dev/urandomのような適切な乱数生成器を持っていない場合、tune2fswillはランダムに生成されたUUIDの代わりに時間ベースのUUIDを自動的に使用します。

バグ

まだバグが見つかりません。 それは何もないという意味ではありません。..

著者

tune2fsはレミー-カード<>によって書かれました。tune2fsは、Theodore Ts’o<>によって書かれたext2fsライブラリを使用します。このマニュアルページはChristian Kuhtz<>によって書かれました。Uwe Ohse<>により、時間依存チェックが追加されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。