Tsok

12月 4, 2021
admin

Tsok(Tib. ワイル Sktからtshogs、。 ガチャカクラ ཚོགས ་ ཀྱི ་ འཁོར ་ ལོ ་)—提供と浄化の重要な金剛乗の練習は、特にチベットの月の10日と25日に練習しました。

ツォクの意味

成仏への道におけるすべての実践は、功徳と知恵の蓄積を集め、私たちの不明瞭さを浄化するための方法です。 蓄積および浄化のこれら二つのプロセスは手に手をとって行きます; 私達がより多くの利点および知恵を集めると同時に、私達の不明瞭さは自動的に減少する。

先に述べたように、秘密のマントラVajrayanaは、彼らが適切な方法で実践されている場合、蓄積と浄化のプロセスを信じられないほど迅速かつ直接的にするこ そのような方法の一つは、主に提供の練習であるtsokの練習です。 しかし、それは単に供養の練習ではなく、私たちのサマヤを浄化するための強力な方法でもあります。 サマヤを浄化するための最良の方法は火の供物であり、ツォクの練習は”内火の供物”であると言われることがある。”Tsokは意味の多くの層を持つ非常に豊かな練習であり、それは様々なレベルで練習することができます。 普通の存在として、私たちはdakasとdakinisによって行われる本当のtsokの練習を模倣することしかできないと言われています。

サンスクリット語のtsok練習はganachakraであり、チベット語ではš tsok kyi khorloである。 “ツォク”という言葉は”蓄積”または”集まり、集会またはグループ”を意味し、”ホルロ”という言葉は文字通り”車輪”を意味します。”だから、文字通りの翻訳は、蓄積のホイール”のようなものです。’偉大なマスター Jamgön Kongtrulによると、この用語は、tsokの練習の内部レベル、および私たちの妄想思考や汚染された感情のウェブをカット”車輪”のようなものである至福の広大な”集まり”の生成に関連しています。

四つの集まり

教えは、”tsok”は四つの異なるタイプの集まりを指していることを説明しています。:

  • 1.
  • 2 提供物質、
  • 3. 神、および
  • 4。 メリットと知恵。

開業医の集まり

教えでは、これは”幸運な個人の集まり”として知られています。 男性と女性のタントラの実践者は、ワックス月の十日と衰退月の十日にtsokの饗宴を祝うために集まるだけでなく、仏教のカレンダーの特別な記念日に。

ツォクは、練習で達成の兆候を得るたびに感謝の気持ちで提供することも、サマヤの障害や破損の兆候が発生するたびに浄化のために提供することもできます。

実践の重要な部分は純粋な知覚であるため、すべての男性の実践者は巧みな手段を具現化するdakasとして、すべての女性の実践者は知恵の実施形態であるdakinisとして、誰もが彼または彼女の啓発された性質に従って見られている。

密法では、男性の修行者は右に座り、女性は左に座り、金剛マスターを中央に置き、集会に面していると言われています。 修行者は、功徳の蓄積のための縁起の良い接続を提供するために彼らの最高の服を着用する必要があります。

いくつかのマスターは、実践者は、彼らが最初に金剛乗に灌頂を受けたときに応じて、または経験と実現のレベルと実践者としての資質に応じて、年功序列

これは巧みな手段と知恵のバランスを象徴するので、男性と女性の実践者の数が同じであることが最善です。

私たちが集まる場所は、普通の部屋や建物ではなく、無限のダカとダキニスの会社で、グル-リンポチェ自身がツォクの饗宴を実践する神聖な場所と考えるべきである。

供え物の集まり

これは伝統的に”楽しい物質の集まり”と呼ばれています。’

修行中に修行者が提供する食べ物や飲み物を指します。 食用物質は巧みな手段を表し、液体は知恵を表すと言われています。 供物には多くの異なる物質が含まれていることが重要であり、特に、タントラ、肉、アルコールで述べています。

教えはまた、私たちは私たちのささげ物に寛大であるべきであり、悲惨な態度で少しだけ量を提供するのではないことを強調しています。 私たちは、何かが提供するにはあまりにも良いか、あまりにも高価であると考えることによって、限られた二元論的な概念で供物を汚すことを避けようとするべきです、あるいは何かがあまりにも汚れているか不純であると考えることによって、あるいは私たちが好きなものだけを提供し、私たちが好きではないすべてのものを除外することによって、私たちが好きではないものを除外することによって。

私たちは物質を供物として考えることが重要であり、普通の食べ物や飲み物としてではありません。 Tsokを食べたり飲んだりすることを予測することは、Narak Kong Shakの練習で言うことは”tsok wolf”の行動です。 Kyabjé Dilgo Khyentseリンポチェは、これにはカップとプレートを供物と一緒に持って来ることも含まれていると言うでしょう。

神々の集まり

これは伝統的に”成果の源である神々の集まり”と呼ばれています。「集まる」という言葉は、私たちがただ一つの神に捧げるのではなく、一つの曼荼羅全体、あるいはいくつかの神々の曼荼羅に捧げていることを意味します。 像、タンカの絵、曼荼羅の写真、または私たち自身のルートマスターの写真——私たちは練習のためのサポートとして、tsokを提供するたびに、私たちはいくつかのイメー

功徳と知恵の集まり

最後の集まりは最初の三つの結果です。 Tsokの実践は、メリットと知恵を蓄積するための非常に強力な方法です。

メリットの定義はさまざまですが、簡単に言えば、メリットを蓄積するための実践は、視覚化、献身と思いやりの生成、提供、告白など、実践のより概念的な側面であると考えることができ、知恵を蓄積するための実践は、視覚化の解散など、より概念的ではない側面であると考えることができます。

より深いレベルでは、練習中に何も把握しないことによってメリットを蓄積し、非概念的な参照を残すことによって知恵を蓄積します。

ツォク実践の利点

タントラに記載されているツォク実践の主な利点は、概念的な焦点を持つメリットの蓄積だけでなく、焦点を超えた知恵の蓄積です。 これよりも大きな利益はありません。

termasでは、想像を絶する利点についても言及しています。 例えば、上師リンポチェ自身が来て、ツォクの修行者を祝福したり、ツォクが行われる場所は、グル-リンポチェのザングドクパリ天国とまったく同じになると言われている。 そしてYeshé Tsogyalはtsokを練習することは一度だけrebirthsを下げるためにドアを閉めると言いました。 また、病気、飢饉、戦争が平定され、すべての修行者の願いがわずかな障害なしに満たされると言われています。

ノート&参考文献

  1. Gyalwa Changchub and Namkhai Nyingpo,Lady of The Lotus-Born:The Life and Enlightenment of Yeshe Tsogyal,translated by Padmakara Translation Group,Shambhala1999,204ページを参照してください。

Rigpa Sanghaに与えられた教え

tsokに関する多くの教えがRigpa Sanghaに与えられています。:

  • Khenpo Palden Sherab,Rigpa London,14May1985
  • Nyoshul Khen Rinpoche,Tenby,Wales,26March1986
  • Kyabjé Penor Rinpoche,London,18November1988
  • Orgyen Tobgyal Rinpoche,Lerab Ling,13July2002
  • ソギャル-リンポチェ、レラブ-リン、9月2012

続きを読む

  • リグパ-サンガ(Lodeve)のためのVajrayana練習へのガイド: 2006年(平成18年)6月、第6回衆議院議員総選挙に出馬し当選した。 “Tsok”(Orgyen Tobgyalリンポチェの教えに基づいて、Kyabjé TrulshikリンポチェとKhenchen Pema Tsewangからの追加)。
  • ツォクの意味とツォクを簡単に練習する方法(Lodeve: Tertön Sogyal Trust,2007)
  • ゴンポ-ツェテン-リンポチェ、ウドゥンバラの花束またはグル-リンポチェの人生とツォグの供え物の意味(1981)
  • LotsawaHouse-tag.png Lotsawaハウス上のTsokシリーズ
  • Orgyen Tobgyalリンポチェによる十万Tsokの提供
  • Orgyen TobgyalリンポチェによるDakini Tsokの祈り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。