小児における男性尿道ポリープの管理:4例の経験Eziyi AK、Helmy TE、Sarhan OM、Eissa WM、Ghaly MA-Afr J Paediatr Surg

2月 20, 2022
admin
アブストラクト

先天性尿道ポリープは、排尿機能障害または閉塞の特徴を示す可能性のある男性尿道のまれな異常を示す。 正確な発生率は不明であるが,男性小児における下部尿道閉塞の鑑別診断において重要である。 彼らの診断は、提示の変動性のために高い疑いの指標を必要とする。 男児における男性尿道ポリープの四つの症例を経験し,関連文献について議論した。

キーワード:子供、下部尿路閉塞、尿道ポリープ

この記事を引用する方法:
Eziyi AK、Helmy TE、Sarhan OM、Eissa WM、Ghaly MA。 小児における男性尿道ポリープの管理:4例の経験。 2009年6月にはJリーグ昇格を果たした。:49-51

はじめに

尿道ポリープは、男性の後部尿道のまれな異常な良性異常である。 ポリープは、最も一般的にverumontanumから発生し、典型的には線維筋コア上の移行上皮で覆われています。 ほとんどの患者のための提示の徴候は無効にするために、緊急、stranguriaおよび血尿緊張する尿の保持を含んでいます。 男児における男性尿道ポリープの可変的な提示と管理について議論し,男児における尿道ポリープの既存の文献に加えた。

症例報告

ケース1
6歳の少年は、1日の期間の尿閉を提示しました。 身体検査では異常は認められず,検査室のプロファイルは目立たなかった。 経腹部超音波検査は、膀胱に突出した尿道の小さなポリープ状成長(8ミリメートル)の存在をreveledとコンピュータ断層撮影(CT)スキャンは、膀胱ベースで0.5X1cmを測定するhypodense病変をreveled urethrographyを上昇させながら、膀胱ベースで充填欠陥の存在をreveled。
膀胱鏡検査では、尿道ポリープがverumontanumから突出しており、遊離膀胱粘膜および正常な尿管開口部を有することが明らかになった。 切除鏡を用いてポリープを切除したが,患者は良好であった。
ケース2
12歳の少年は、1年の期間の右腰の痛みを提示し、5年でversicoureteric還流と診断され、6歳で行われた左orchidopexyの過去の歴史を持っていました。 臨床検査で左鼠径部はん痕を認めた。 実験室のプロフィールは目立たなかった。 膀胱鏡検査中に,誤ってverumontanum由来の後尿道ポリープが発見された。 放射線学的調査により,逆流は消失したことが示された。 ポリープは切除鏡で切除した。 病理組織学的検査では線維上皮ポリープを認めたが,悪性所見はなかった。 術後経過は良好であった。
ケース3
1歳の少年は、過去の医学的および外科的歴とは無関係な2日間の急性尿閉を呈した。 臨床検査と検査室評価は目立たなかった。 ぼうこう嚢胞尿路造影(VCUG)とmriでぼうこうの基部に充填欠損を認めた。 Cystourethroscopyでは,左正中線のすぐ横にある前立腺尿道から発生するポリープがぼうこう頚部を通って突出していた。 切除鏡を用いた切除術を施行した。 病理組織学的所見は線維上皮ポリープであり,悪性所見はなかった。
ケース4
3歳の少年は、医学的および外科的歴のない3ヶ月以来、尿閉のために尿道カテーテルを留置していた。 臨床検査および検査パラメータは本質的に正常であった。 VCUGは正常でした。 嚢胞鏡検査では正常な前尿道とverumontanumから生じるポリープを認めた。 切除鏡を用いてポリープの切除を行った。 病理組織学的検査で良性尿道ポリープを確認したが,悪性所見はなかった。

議論

尿道ポリープは、男性尿道のまれな異常である。 正確な発生率は知られていないが、それはより良い診断技術のために最後の20年間で増加してきました。 都築らによって報告された症例の半分。 彼らはまだまれであるが、線維上皮ポリープは、臨床文献で報告された発生率よりも一般的であることを示唆し、任意の症状なしに発見されました。
尿道ポリープの病因はまだ議論の余地があります。 先天性、感染性、刺激性、感染性、外傷性および閉塞性の原因が提案されている。 健康な新生児および乳児に大きなポリープが存在することは、先天性起源を支持する強い議論である。 それらは、前立腺の内側領域の腺物質の陥入過程における発達異常の結果として生じる可能性がある。 ダウンズは、ポリープはミュラーの痕跡のために尿道壁の欠陥のある突出に起因すると仮定した’一方、Kuppusami et al. 母体のエストロゲンが二次上皮変化に影響を及ぼす可能性があると推測した。 Louらによる別の考察。 最も人気のある概念となっている先天性異常のものです。 Redman et al. 前尿道ポリープは、すべて背側12-0の位置から球根尿道の深部まで上昇していると主張している。 興味深いことに、”先天性”線維上皮ポリープとして報告された症例のいくつかは、青年期または成人期に最初の臨床症状を示した。 最初の6年以内に提示された四つのケースのうち、一つのケースは12年で提示されました。
線維上皮性ポリープの最も重要な鑑別診断には、血栓、後尿道弁、血色性膀胱炎cystica et glandularis、ポリープ様/乳頭性膀胱炎、尿路上皮乳頭腫、逆乳頭腫および膀胱の横紋筋肉腫が含まれる。 ,
主な臨床症状は、間欠性または急性尿閉、排尿後ドリブル、尿路感染症、排尿障害、尿の緊急性および躊躇、末期血尿および不完全な膀胱排出、夜尿症である。 ,、それは無症候性であるか、または尿道を通って脱出塊として存在していてもよいです。 本報告の第二の患者は、下部尿閉塞の症状を有していなかった。 症例の約50%において、尿道ポリープを有する患者は、本報告の症例2のように、病理、特に膀胱尿管逆流を関連させている。 一部の患者はまた、hypospedia、片側水腎症および膀胱憩室を関連させている。 尿道弁とは異なり、ポリープは尿路を損傷しない。 尿道ポリープは新生児の生活から70歳の患者に報告されています。 、<3 0 9 1>VCUGは、尿道に充填欠陥を示すことが多く、これは位置が異なる場合がある。 , また、超音波検査で病変を検出することもできる。 診断はポリープの起源、形およびサイズを示すurethrocystoscopyによってそれから確認されます。 非造影C tスキャンやMRIなどの追加画像は鑑別診断を除外するのに有用である可能性がある。 超音波検査はケース1でのみポリープを示し、VCUGはケース1と3で病変を示し、尿道嚢胞鏡検査はすべてのケースで診断され、診断調査のままである。 、
内視鏡的切除電気焼灼、コールドナイフまたはレーザーは、通常成功し、オープン嚢胞吻合はめったに必要とされません。 , これまでに治療された患者はすべて術後良好であった。 尿道ポリープを有する一人の患者のみが最初の切除後に再発を有することが報告されており、この発生は後部尿道にのみである。
病理組織学的には、尿道ポリープは正常移行性尿路上皮で覆われた線維性コアからなる良性ポリープとして記載されており、扁平上皮化生や潰瘍化の領域が見られることがある。 病理組織学的には線維上皮ポリープが確認され,悪性所見は認められなかった。
尿道ポリープは、まれではあるが、女性よりも男性でより一般的である。 発生率は報告されたほど低くないかもしれません。 これらは、男性の小児における下部尿道閉塞の鑑別診断において考慮されるべきである。 疑いおよび多分スクリーニングの高い索引は厳密な発生を知ることの助けであるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。