国土安全保障デジタルライブラリー

2月 15, 2022
admin

調査報告書:Valero-McKee RefineryにおけるLPG火災,February16,2007

このCSB報告書は、Valero-McKee Refineryにおける液化石油ガス(LPG)火災の原因と原因を特定し、Valero Energy Corporation、Valero-McKee Refinery、American Petroleum Institute(API)、United Steelworkers Union、およびSteelworkers Localに勧告を行っている。13-487 「2007年2月16日、ひび割れた制御ステーションの配管から液体プロパンが放出され、テキサス州サンレイ近くのバレロのマッキー製油所でプロパン脱泡(PDA)ユニットが大規模な火災を起こし、3人の従業員と請負業者が負傷した。 この火災は大規模な設備の損傷を引き起こし、マッキー製油所の避難と完全な停止をもたらした。 製油所は二ヶ月間閉鎖されたままであり、PDAユニットは事故からほぼ一年後に再建され、運転を再開した。 火災に起因する直接的な損失はexceed50万ドルを超えると報告されました。”対処された主な問題は次のとおりです: 死んだ足の氷結の保護;装置の緊急の分離;サポート鋼鉄の耐火性にすること;高圧LPGサービスのための防火;そして塩素解放。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。