元米国造幣局長官に会う

12月 15, 2021
admin

Philip N.Diehl

元米国造幣局長官Philip N.Diehlに、デンバーで開催された2017年アメリカ貨幣協会(ANA)の万国博覧会で直々に会いましょう!

ディールの人気のある50州四半期プログラムの創設から、史上初の米国政府発行のプラチナコインの発売まで、彼は現代の最も影響力のある米国造幣局の取締役の一人と考えられている。

造幣局で働く前は、ディールは米国の参謀長を務めていた。 財務省と米国上院財務委員会のスタッフディレクターとして。 その後、ビル・クリントン大統領からアメリカ合衆国造幣局の長官に指名された。

Diehl氏は、2016年に有形資産産業評議会(ICTA)会長に任命された。

「ICTAはPhilip Diehlが現在の会長を務めることができて幸運です」とICTAの最高執行責任者であるDavid Crenshaw氏は述べています。 “アメリカで最も影響力のある貨幣の著名人の一人を満たすために、この機会をお見逃しなく。

Diehlは、8月2日(水)16:00から16:00まで、ICTAブース(#265)でショー参加者と会う予定です。 ディールに会う出席者は、1999年の米造幣局の50州の四半期の証拠セットを受け取ります。

ICTAは、Gary Adkinsが証明セットの量を現物寄付したことを大いに感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。