ウラピジル

12月 30, 2021
admin

概要

ウラピジルは、セロトニン5-Ht1a受容体における中枢アゴニスト作用を有する末梢シナプス後α1-アドレナリン受容体アンタゴニストである。 それは末梢血管抵抗を減少させることによって血圧を低下させる。

経口ウラピジルは、軽度から中等度の本態性高血圧および高脂血症または2型(非インスリン依存性)糖尿病などの関連危険因子を有する患者の血圧を低下させ、心拍数に影響を与えない。 ウラピジルの降圧効果は、軽度から中等度の必須または二次性高血圧および付随する危険因子のない患者のほとんどの比較器のそれと同様である。 しかし、ウラピジルの降圧効果は、うまく設計された試験でヒドロクロロチアジドのそれよりも低かった。 脂質レベルおよびブドウ糖の新陳代謝は不利に影響されないし、脂質またはブドウ糖の異常の患者のurapidilと改良するかもしれません。

ウラピジルは、ヒドロクロロチアジドやニフェジピンなどの他の降圧剤と安全に組み合わせることができ、以前の単剤療法に対する非応答者の血圧制御を改善することができる。

静脈内ウラピジルは、妊娠中の子癇前症または高血圧症の患者、および高血圧の危機または術後の高血圧症の患者の血圧を低下させる。 血圧の低下は、ニフェジピン、エナラプリラート、ニトロプルシドナトリウムおよびジヒドララジンの後に観察されたものと同様であり、1回の大規模な研究によればケタンセリンのそれよりも大きく、非外科的高血圧危機および肺浮腫を有する患者における1回の試験において舌下ニトログリセリンのそれよりも大きい。 しかし、より多くの患者がエナラプリラートまたはニフェジピンよりもウラピジルによる治療に反応した。 心拍数は、いくつかの比較薬よりもウラピジルによって変化する可能性が低い。

ウラピジルは耐容性に優れているようで、ほとんどの有害事象は軽度で一過性である。 ウラピジルによる有害事象の発生率は、プラゾシン、メトプロロール、アテノロール、ニトロプルシドナトリウムおよびヒドロクロロチアジドと同様であり、ニフェジピンおよびクロニジンとのそれよりも少ない。 ウラピジルはカプトプリルほど耐容性がない可能性があり、1つの研究ではニトレンジピンよりもウラピジルの方が有害事象のために治療を中止した。

ウラピジルは、心拍数を変更することなく、血圧を低下させます。 経口製剤は、高血圧およびそれに付随する脂質異常症または2型糖尿病の患者において有効な選択であり、薬物が脂質プロファイルおよびグルコース代謝に悪影響を及ぼさず、改善する可能性がある。 静脈内製剤は、妊娠または手術に関連する様々な高血圧の危機および高血圧を制御するのに有効であり、これらの状態で使用される他の第一選択剤 したがって、ウラピジルは、現在入手可能な降圧剤の有用な代替物であり得る。

薬力学的特性の概要

ウラピジルは末梢血管抵抗を低下させ、血圧を低下させ、心拍数に有意な影響はない。 これらの効果はクロニジン,二硝酸イソソルビド,ニトロプルシドナトリウムおよびケタンセリンの後に観察されたものと同様であった。

静脈内ウラピジルは、周期または術後の高血圧患者の前負荷(肺毛細血管くさび圧および肺動脈圧)および後負荷(全身血管抵抗)を低下させ、心臓指数 血液力学的効果はニトロプルシドナトリウムおよび二硝酸イソソルビドと類似していたが,ケタンセリンよりも大きかった。 しかし,心拍数はウラピジルよりもニトロプルシドナトリウムとケタンセリンの方が一貫して増加する傾向があった。

ウラピジルは、脂質プロファイルまたはグルコース代謝に有害な影響を及ぼさず、脂質異常症または2型(非インスリン依存性)糖尿病の患者では、こ

ウラピジルは総腎血管抵抗を低下させるため、軽度の高血圧および正常な腎機能を有する患者の腎灌流を増加させる。 これは、中等度から重度の高血圧および正常な腎機能を有する患者または腎機能障害を有する患者では観察されなかった。 しかし、ウラピジルは、既存の腎障害を有する高血圧患者における腎機能のさらなる悪化と関連していなかった。 1回の試験では、心肺バイパス手術を受けている高血圧および正常な腎機能を有する患者において、ケタンセリン後の腎灌流の保存はウラピジルよりも良好であった。

動脈酸素化に対するウラピジルの影響は不明である。 同様に、最近の証拠は限られているが、頭蓋内圧への影響の欠如を支持する以前のデータと矛盾する。

ウラピジルは、軽度から中等度の高血圧患者における小規模な非比較試験において、左心室構造の心エコー図上の特徴を改善した。 しかし、1回の追加試験では、ウラピジルは左心室後壁の厚さを減少させなかったが、この効果はメチルドパの後に観察された。

ウラピジルは、1件の試験で示されているように、アテノロールよりも線溶に対して大きな効果を有する可能性がある。

薬物動態特性の概要

ウラピジルの薬物動態パラメータは、経口投与および静脈内投与後に類似している。 最大血漿濃度(Cmax)および血漿濃度−時間曲線の下の面積(AUC)は、投与量に直線的に比例する。

経口ウラピジル(15-60mg)の単回投与後、cmax(0.14-0.65mg/L)は、若く健康なボランティアに示すように、0.5-6時間(tmax)で達成される。 静脈内製剤に対する経口放出制御ウラピジルの絶対的な生物学的利用能は72%である。 静脈内ウラピジルの見かけの分布量(Vd)は0.59-0.77L/kgであり、薬物の75-80%が血漿タンパク質に結合している。 ウラピジルは、血液脳関門を横切る:無傷の血液脳関門を有する6人の患者において、脳脊髄液中の最大濃度(0.023から0.023まで)は、脳脊髄液中の最大濃度(0.023から0.023まで)は、脳脊髄液中の最大濃度である。175mg/L)を0.5-3時間で達成した。

ウラピジル投与量の大部分は腎経路を介して排除され(50-70%)、投与量の10-15%は未変化薬物として排泄され、残りは1つの主要な不活性(アリール-p-ヒドロキシル化ウラピジル)および2つのマイナーな活性(O-デメチル-atedウラピジルおよびウラシル-N-デメチル化ウラピジル)代謝産物として排泄される。 静脈内のurapidilの総ボディ整理は0.11から0.23L/kg/hであり、口頭および静脈内のurapidilの除去の半減期(tの‰)は2から4.8時間まで及びます。

ウラピジルの薬物動態パラメータは、ほとんどの単回投与試験において、腎不全の程度が異なる患者では一般的に変化しなかった。 しかし、単回投与経口ウラピジルのt βは、透析を受けている患者では長かった。 さらに、単回投与静脈内ウラピジルのクリアランスは、健康なボランティアおよび正常な腎機能を有する高血圧患者と比較して、中等度または重度の腎障害を有する患者の1つの研究でわずかに減少した。

ウラピジルのt βは、重度の肝障害を有する患者では、単回投与後に数倍(約15時間)、高齢患者では、単回静脈内または経口投与後に約2倍増加する。

ウラピジルはジゴキシンの吸収速度または程度に影響を与えないようである。 シメチジンとウラピジルとの同時投与は、ウラピジルのAUCを増加させ、尿中で回収された未変化ウラピジルの量を増加させ、主要代謝産物の尿中排 しかし、尿中の薬物関連化合物の総量は変化しない。

治療効果

経口療法。 短期調査(6から26週)で示されているようにurapidil(30から180mg/day)は必要なか二次高血圧を緩和するために穏やかの患者のdiastolicおよびsystolic血圧をおよびhyperlipidaemiaまたはタイプ2の糖尿病のような付随の心血管の危険率の有無にかかわらず減らします。

ウラピジルの抗高血圧効果は、付随する危険因子のない患者におけるニトレンジピン(20mg/日)のそれと同様であった。 但し、これらのタイプの患者のcomparisonswithのhydrochlorothiazide(≥50mg/day)は一貫していませんでした:urapidilはhydrochlorothiazideより同じようなまたは、より大きい試験で、低い効力がありました。 心拍数はどの薬剤によっても有意に変化しなかった。

ウラピジル(30-120mg/日)とニフェジピン(40mg/日)またはヒドロクロロチアジド(25mg/日)を4-12週間併用すると、軽度から中等度の本態性高血圧および併用危険因子がない患者において、上記の薬剤による単独療法に反応しなかった拡張期および収縮期血圧が効果的に低下した。 最大の研究では、ウラピジルプラスニフェジピンはメトプロロールプラスニフェジピンと有効性が類似していた。 しかし、高齢患者のサブグループ(>60年)では、拡張期および収縮期血圧の低下は、ウラピジル後にメトプロロールよりも大きかった。

ウラピジルは、高血圧の危機を有する患者の収縮期および拡張期血圧を低下させる。 ウラピジルによる平均血圧低下(12。5から75mg)は静脈内のenalaprilat(5mg)、sublingual nifedipineのカプセルまたはスプレー(10mg)、sublingual nitro-glycerin(グリセリルのtrinitrate)および静脈内のnitroprussideナトリウム(≥3μ g/kg/min)とのそれら少なくとも大きかった。 ウラピジルに反応した患者の割合はエナラプリラートまたはニフェジピン群よりも大きく,ニトロプルシドナトリウム群と同様であった。 しかし、ウラピジルよりも多くのニトロプルシドナトリウムでは4時間以内に血圧が上昇した。 さらに,血圧制御はニフェジピンまたはニトログリセリンよりもウラピジル後に速く達成された。

限られた数の研究で、ウラピジルは子癇前症または妊娠中の重度の高血圧を有する女性の拡張期および平均動脈圧を低下させ、有効性はジヒドラジン静脈内と同様であった。

同様に、冠動脈バイパス移植手術中に周囲または術後の高血圧を有する患者において、収縮期および拡張期血圧がウラピジルによって低下した。 ウラピジルの降圧効果は、大規模なうまく設計された試験によれば、動静脈ケタンセリンのそれよりも優れており、静脈内ナトリウムニトロプルシドのそれと類似していた。 さらに、治療の失敗は、ニトロプルシドナトリウムを受けている患者よりもウラピジルの受信者であまり頻繁に発生し、ケタンセリンの受信者よりも

単一の小規模な研究では、ウラピジルは、腹部大動脈のクランプ前に収縮期および拡張期血圧を低下させ、腹部大動脈の手術を受けている患者のジニトレートイソソルビドと同様の程度までクランプ中の増加を防止した。

忍容性

ウラピジル治療中に発生する有害事象の大部分は軽度で一過性であり、通常は長期治療後に沈静化する。 口頭か静脈内療法の間に報告される共通のでき事は目まい、悪心および頭痛です。 静脈内ウラピジルに関連する有害事象は、通常、血圧の急激な低下によるものである。

短期(最大12週間)の研究では、ウラピジル経口(30-180mg/日)後の有害事象の発生率は、プラゾシン、メトプロロール、アテノロール、ヒドロクロロチアジド経口と同様であり、ニフェジピンおよびクロニジンよりも少なかった。 しかし、ウラピジルはカプトプリルほど耐容性がないようであった。 有害事象のための治療中止は、ニトレンジピンのレシピエントよりもウラピジルの数が多いで発生しました。

ウラピジル静脈内投与による有害事象の発生率は、ニトロプルシドナトリウム静脈内投与による有害事象と同様であった。 しかし、低血圧はウラピジルのレシピエントよりもニトロプルシドナトリウムでより頻繁に発生した。 対照的に、低血圧はケタンセリン静脈内投与後よりもウラピジル後により一般的であった。

ウラピジルとβ遮断薬およびチアジド利尿薬との初期の併用研究およびウラピジルとニフェジピンを組み合わせたより最近の研究では、ウラピジルとの単独療法と比較して新たな有害事象は強調されなかった。 ウラピジルとニフェジピンの併用療法による有害事象の発生率は、メトプロロールとニフェジピンのそれと同様であった。

妊娠中の子癇前症または重度の高血圧を有する女性の静脈内ウラピジルは、胎児への明らかな悪影響とは関連していなかった。

一般に、ウラピジルは実験室パラメータに悪影響を及ぼさなかった。 しかし、少数の初期の研究では、血清電解質、尿酸、コレステロール、肝酵素およびクレアチンキナーゼレベルおよび好酸球数の変化が有意な臨床効果を有さずに観察されている。 チアジド利尿薬とウラピジルの組み合わせは、いくつかの実験室の値を変更することができます。

投与量および投与

静脈内ウラピジルは、高血圧の危機、重度または治療抵抗性高血圧および周囲または術後高血圧の管理のために示される。

高血圧の危機または厳しくまたは処置抵抗力がある高血圧のための最初の線量はボーラスとして10から50mgです。 効果が5分以内に観察されなければ第2 50mg線量は管理することができます。 あるいは、ウラピジルの連続注入は、2mg/分の初期速度および9mg/hの維持注入で投与することができる。

peri-または術後の高血圧を制御するために、25mgの初期ボーラス用量を2分後に繰り返し、応答がない場合はさらに2分後に50mgに増加させることができる。 維持の注入は1から2分にわたる6mgと始められますが、応答に従ってそれから減らすことができます。 静脈内投与は7日を超えてはならない。

経口ウラピジルは、軽度から中等度の本態性高血圧の管理のために適応される。 最初の線量は食事と取られる毎日二度60mgへ30であり、維持の線量は30から毎日二度90mgまで及びます。

高齢患者および肝臓または重度の腎障害を有する患者では、用量を減らす必要があります。 但し、患者のこれらのグループの推薦された適量の指針は提供されませんでした。

ウラピジルに対する禁忌には、いずれかの成分に対する感受性、大動脈狭窄または動静脈シャント(血液力学的非効果的透析シャントを除く)および授乳

ウラピジルは、治療のリスクに対する利益を評価した後にのみ、妊娠中に処方されるべきである。

ウラピジルは機械の運転または取り扱い能力に影響を与える可能性があり、特に治療の初期段階では注意が推奨されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。